トノカバーのモダン化!?

またまた夜遊びw 

今日の犠牲者はチンクのトノカバー。

コレ↓


すごく小さい(笑)んでもって、すごく地味。


メインテーマは昭和モダンとアールヌヴォーですから、とりあえず端切れを用意。


着物とか好きなので前々から持ってたストック品。
銘仙生地を一枚張りしようかとも思ったけど、それでは芸が無いのでモザイク張りにw
アイロン両面接着で・・・




試行錯誤の末完成。



チラリズムこそ和の美学!




自己満足の世界です・・・。



構想・・・10分
作成・・・2~3時間
費用・・・1000円程度?かな?



更なる癒しを求めて・・・(笑)

インチダウン決行します!

500happy純正は、画像のホイール。
moblog_a1a948e0.jpg
コレはコレで悪くない。 それどころかけっこう良い。
純正タイヤもミシュランのエナジーセイバーで、タウンスピードからココでは言えない速度域まで乗り味変わらず合格点なんだけど、今ひとつ面白みに欠けるのは確か。


で、思い立ったが吉日。

純正の鉄チンホイールを仕入れてみた。


エントリーグレードの純正装着品。
丁寧にホイールキャップまで付いてますw 要らないけどwww

さらにムーンディスクも購入。



ピカピカでいい感じだけど、このままじゃ似合わないのでコレに後々デザインを追加します。 
4本別々のデザインにした方がアイキャッチは上かな? 


185ー55-15 → 175-65ー14 へのサイズダウンですから、燃費、乗り心地共に向上するはず!
さらに、軽量化も同時に出来るんだから鉄チンホイールもバカにしたもんじゃないよね。

アルミホイールのほうが軽いなんて思い込んでる人はそれは大きな間違いなので、鉄チンホイールおすすめですw
なにより超安いしね・・・(笑)


構想・・・10秒
費用・・・タイヤ&ホイール×4=16800円 ディスクキャップ×4=約20000円




また完成後にご報告します。

テーマ決定


ミニは、わりと皆エクステリア弄る人多いので、あえてノーマルのまま放置していたけど・・・

最近、近所で? 50のチリレッドをノーマルのまま乗ってる人がいるみたい。
50と57じゃ全然違うとはいえ、興味無い人からすればミニはミニ。 

ちょっと嫌なので、イメチェンを・・・

っていうか、そもそもメインテーマすらまだ決めていなかったので、テーマ決定から。

fiat500のテーマは、「昭和モダンとアールヌーヴォー」
じゃあコレは・・・と、よくよく考えた結果、、、
プリウスに代表される世の中に蔓延るインチキなエコ&エコ(エコロジー&エコノミー)へのアンチテーゼとして、エロ&エゴ(エロティシズム&エゴイズム)で行きます!!!


で、とりあえず、、、、

気持ち悪い感じに仕上げてみた・・・(笑)







時代は3dがキテますから、フィギュアでアクセントw 

世界的にはカブリオレやコンバーチブル(屋根を開けれる車)として売られていますが、気分はスパイダー(屋根を閉める事の出来る車)なのですw  スパイダー=蜘蛛? 

ま、安直な流れで・・・

とりあえず、これで唯一無二には成ったので、良しとします。


しかし、寒空の下での作業はけっこうキツいです・・・

昨日の続き


中途半端はダメ! ってことで・・・

とりあえずコンソール全部外す。




一部強引にw




で、手順は省略。 いきなり完成。




元に戻すのがけっこう大変だったりする・・・(笑)




うぅ・・・ん・・・。 やり過ぎて微妙な感じもしなくもない・・・。
ジロジロ見たら素人作業丸出しw しかし遠目に見る分には文句なしの出来!?
こうなると、サイドブレーキが気に喰わない! そのうち交換する。


あ・・・

ネジが一個余ったけど・・・ま、いっか(笑)

センターコンソール加工


びっくりするほどチープな部分の改善。

とりあえず外して・・・
脱脂して・・・
プライマー塗装して・・・

準備完了!



伸縮性のあるアイボリーの人工皮革。
手に触れる部分が偽物だとがっかりするけど、普段触る事はないし、作業性&コスト重視でw
  

完成!



浅すぎて使い勝手の悪いドリンクホルダーも改善。
なかなかの出来w 

元に戻したら、周りがチープに見えて来た・・・没
サイドブレーキ~先も統一しないと変。
プロフィール

sakura

Author:sakura
櫻の独り言です・・・。 

つらつらと、気が向けば更新! 店の宣伝するつもりはホボ無し・・・。  
よりディープなネタは他で書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR